黒ぶちメガネのトラック運ちゃんブログ

Just another WordPress site

未分類 に関するエントリー


やっぱりキャラ弁!

2014年9月11日 17:06 | 投稿者 masa-matsunamimasa-matsunami

キャラ弁の制作について
ママ友と一緒にヒーローショーを見に行く際に、お弁当を作って公園で一緒に食べてから並ぼうということになった。
決まったのがギリギリだったため、家にあった材料で慌ててお弁当をつくった。
時間がなかったので本当に簡単な、見に行く予定のヒーローのキャラ弁である。
不器用で細かい作業が苦手なうえに時間や材料がなかったのもあって、とても下手くそな仕上がりだったが、子どもは本当に喜んでくれた。
公園でお弁当を開けた時も、子どもも子どもの友達も一緒になって「キョウリュウジャーだ!」とわいわい喜んでくれた。
作ったかいがあるというものだ。
そのキャラクターの部分は一瞬で息子に食べられてしまって、ためらいとかないのかよ!と思わず突っ込みたくもなったが。
でもなんにせよ頑張ってよかったなあ、と思った。
来年からはじまる幼稚園では週に1回だけお弁当の日がある。
そのために今からキャラ弁の練習をしないといけないな、と思った。
主人のお弁当作りの際にがんばって練習しようと思う。会社に持っていくお弁当がキャラ弁だと恥ずかしいかもしれないけれど、許してね。笑
そういえば、今度の旅行のときに、revyカラコンをつけていこうと思う。
先日買ったんだけど、なかなか可愛い。
お弁当作ったら、カラコンつけてメイクしてオシャレもしなくちゃね。

カテゴリー 未分類 | コメント(0) »

老後には1億円が必要?

2014年9月05日 17:34 | 投稿者 masa-matsunamimasa-matsunami

老後って何歳から老後と言うのでしょうね。人によって考えが違うでしょうが、一応60歳として、60歳から死ぬまでに、どれくらいのお金が必要か、ということを考えたときに、だいたい1億円は必要という試算があります。 続きを読む »

カテゴリー 未分類 | コメント(0) »

トマトでつくる夏野菜レシピ

2014年8月30日 15:54 | 投稿者 masa-matsunamimasa-matsunami

真っ赤に熟れたトマトには、太陽の恵みがのまま封じ込められているような気がしますね。
生でサラダにしても美味しいトマトですが、たまには温かいおかずにも使ってみてはいかがでしょうか。
☆トマトの玉子炒め
・ざく切りにしたトマトを炒める
・トマトに火が通ったら、好みの味付けをした溶き卵を投入
・玉子が半熟になったら出来上がり
トマトの大きさはお好みで。
小さくし過ぎないほうが、炒めても形が残るため、目でも楽しめると思います。
あらかじめトマトの皮を湯むきしておくと、食感がぐっと良くなりますよ。
いちいち湯を沸かすのが面倒なときは、ヘタの側からフォークで突き刺して、直接コンロの火であぶってしまってもOK!
玉子の味付けは、様々にアレンジして楽しめます。
塩こしょうやマジックソルトで洋風にも、醤油で和風にも。
中華スープの素を使うのもおすすめです。
炒め油の代わりにフライパンで溶かしたマヨネーズを使っても、美味しく出来ますよ♪

カテゴリー 未分類 | コメント(0) »

田舎は自転車が便利

2014年8月30日 15:53 | 投稿者 masa-matsunamimasa-matsunami

一度は住んでみたい、都会に!、、でも、、自転車を持っていない。
田舎は自転車が便利ですよね。
今まで市内や町、今は田んぼ道を行くような田舎と、色んな所に住んでいます。でもいろいろ引っ越してきて住んでないのが都会。つまり都道府県の
栄えた街に住んでないってこと。つまり、人ごみの中に住んでないんです。でも一度は住んでみたいですね、都会って。でも実際どうなんでしょう。。
家賃は置いといて、今は静か~な住宅街に住んでますが、都会ってなると、やかましくないのかなぁ?ある友人がバンドを目指して上京しました。
よくある話ですね。案の定売れなくて、バイトの日々だったそうです。そんななか、理想と現実のギャップにはさまれ、統合失調症という、精神病を
患ってしまいました。うーむ、、この話を聞くと、都会って怖いなって思ってしまいますね。一概には言えないんでしょうけど、住むのはやっぱ多少
田舎でもいいかなって思ったりもしました。夢は夢のままがいいってこともあるのかなって思いましたね。
Wiggleクーポンで自転車を買いましたので、田舎へ引っ越ししましょうかしら。

カテゴリー 未分類 | コメント(0) »

最近迷惑メールが多くなってきた

2014年7月28日 11:54 | 投稿者 masa-matsunamimasa-matsunami

架空請求詐欺のメールについて
よく私のメールアドレスにメールが来る。
内容は会員登録されてあるのでその金額振り込め、だとかインターネット上のサイトで使用した料金を振り込め、だとかあなたに大金を受け取ってほしいだとかの詐欺メールが頻繁に来る。
何も身に覚えもないので無視するようにしているが、あなり詳しくない人が見たら騙されてしまう可能性もあるのではないかと思う。
他にはこんな内容のメールも来た。
ネットバンキング銀行の振り込み担当○○です。大金の振り込みがありましたので本人確認をお願いします。
という内容で振り込んだ側の名義や口座番号が載っていたがこれもありえないし、非表示になっているところがところどころだったりして、色々ありえないことばかりだ。
それでもやはりそれっぽいことをかかれてしまうと騙されてしまうものなのだろうか。
他にも裁判だとか給与天引きだとかいろいろ書かれているメールもあった。
件数も多くしょっちゅうくるので正直迷惑で仕方がない。本当にやめてほしいと思う。削除するだけでも大変だ。
インターネットは簡単に個人情報が漏れてしまうので気を付けなければならない。

カテゴリー 未分類 | コメント(0) »

やなせたかしさんが亡くなられたというユースを見て

2014年7月28日 11:53 | 投稿者 masa-matsunamimasa-matsunami

やなせたかしさんが94歳で亡くなられたというニュースがテレビで報道されていました。
やなせたかしさんが産んだアンパンマンは世代を超えて多くの人に愛されています。
私も幼いころはアンパンマンが大好きで、テレビアニメもよく見ていました。
今では自分の子どもがアンパンマン大好きで、アニメももちろんそうですし、キャラクターグッズもたくさん持っています。
キャラクターが愛らしくて魅力的で大人になった今でも魅せられてしまいます。
アンパンマンミュージアムへも行きました。子どもにとっての夢の国でした。
大人も一緒になって楽しむことができました。
そんな素晴らしいキャラクターを産んでくださったやなせさんがお亡くなりになられたということは、本当に残念なことです。
とても貴重な方を亡くしてしまったと思います。
やなせさんのような考え方を持つ人は本当に素晴らしい人だと思います。
お亡くなりになられたやなせさんのご冥福をお祈りいたします。

カテゴリー 未分類 | コメント(0) »

息子の好き嫌いについて

2013年11月25日 14:47 | 投稿者 masa-matsunamimasa-matsunami

家族で外食にいく機会があった。
息子はいつも好きなものを全部先に食べてしまい、嫌いなものばかりが残って食べたくなくなる、というのを繰り返していた。
でもこのままじゃだめだろうと、主人があることを実践した。
まずは好きなものを注文して隠しておく。そうして息子の嫌いなものや苦手なものからしっかりと食べさせて、たくさん食べることができたら少しずつ好きなものをあげるのだ。
そうすると好きなものがもらえたのが嬉しくてもっと頑張れるようになるのだ。
それを何度も繰り返すうちに、嫌いなものもしっかりと食べられるようになっている。
そうして完食できたあかつきには大好きな食べ物をたくさん食べさせてあげるのだ。
そうすればたくさん食べることもできるし、嫌いなものもしっかりと食べることができる。
私一人では思いつくことのなかった方法だ。やっぱり育児は夫婦でするからいみがあるんだな、と思った。
これからどんどんその方法を実践してしっかり苦手で嫌いなものを克服していけるようにしたいと思う。

カテゴリー 未分類 | コメント(0) »

赤ちゃんの時、ベビーカーに乗っている時の記憶

2013年11月24日 9:24 | 投稿者 masa-matsunamimasa-matsunami

遠い昔の記憶
一番古い記憶は、雨の日にベビーカーに乗っている時の記憶です。雨の日にベビーカーに付けるカバーの穴に指を入れている光景で、どの道を歩いたかも覚えています。
妹が生まれる前な筈なので、大きくても2歳過ぎです。特にその時嬉しいや悲しい大きな出来事があったわけでもなく何気ない日常の一瞬です。
それを主人に話すと中学・高校の頃のこともあまり覚えていない主人はよくそんな昔の平凡な光景を覚えていることに驚きます。その後は妹がいる光景を思い出すので
3歳は越えてからの記憶です。5歳まで住んでいたアパートの周りの風景や遊んだ友達とそのお母さんとお父さんの職業、隣のおばちゃん、向かいのおばあちゃん、
2軒隣の作家さんぽいおじさんとその奥さん。保育園の体操服を着たままうろうろしていたこと、家にあったラジカセの色、本棚に小さな電子ピアノを置いてもらい適当に
弾きながら覚えてきた歌を歌っていたこと、男の子と一緒になって自分より小さな子をからかったらその親にとても怒られてほうきで頭を叩かれたこと、
アパートから引っ越す時に近くにスーパーで向かいに住むおばあちゃんがお菓子を買ってくれたこと。なんだか思い出すと心がじわっと温かくなってきました。
ああ、そんな私も親になったんだなとしみじみ感じます。

カテゴリー 未分類 | コメント(0) »